失敗しないシルクのお手入れ(洗濯とアイロン)

太極拳にはシルクが最適ですが、デリケートな天然素材ですので上手にお手入れしましょう。

シルクと一口に言いますが、糸の撚り、織り、染めの色合いなどによって、お手入れの ポイントが異なります。お手入れポイント集です。

一口メモ

織り
表面がさらっとした光沢の無いジョーゼット系と、つるんとした光沢のあるサテン系になります。
ジョーゼット系は普段の練習用に、サテン系は表演用が向いています。

色合い
濃い色と薄い色合いになります。どちらも他のものと一緒にせずに単独でお洗いください。
手洗い、又は洗濯機の手洗いで軽く押し絞りします。

洗い方
ドライクリーニングより汗をきれいに洗い取る手洗いをオススメします。

○ぬるま湯で手洗い
・ぬるま湯で粉石けんをよく泡立て手で押し洗いします。
(スポンジで数回揉むとよく泡立ちます)
・最も生地を痛めない洗い方でオススメします。
  ※ベルベットは振り洗いしてください。

○洗濯機
・粉石けんをよく泡立て、ネットに入れて「手洗い」を指定します。
・脱水はほんの数秒にします。

 <色落ち防止には>
すすぎ後、手洗いの場合は大匙一杯ほど、洗濯機の場合はコップ に1/3ほどの「酢」を入れ
よく攪拌しその中に付けます。色落ちが緩和されます。

≪ご注意≫
おしゃれ洗い洗剤や合成洗剤は、光沢が落ちたりトラブルの原因になりがちですので、使用しないでください。(天然素材シルクには石油原料の洗剤は馴染みません)
  ※洗剤やドライクリーニングが原因のトラブルは保証いたしません。


干し方
陰干しで全体に伸ばして干します。着物の袖を広げて干す感じです。

アイロン
裏からやや高目の温度(綿の時ぐらい)で軽くかけます。
サテン系の生地はきれいな光沢が戻ります。ジョーゼット系の生地は
アイロンなしでそのまま着用できます。
      ※ベルベットはアイロンは避けてください。起毛がねます。

写真をクリックすると拡大写真が出ます

動画

動画

動画

動画

動画

動画
シルクのお話はこちら